海外旅行人気№1の韓国へお得に行く方法

Posted on

05PHAP21

日本からすぐ出かけられる、手軽に行ける海外旅行スポットとして人気№1の韓国。
ショッピングを楽しんだりおいしい焼き肉を食べたりなどたくさんの楽しみがあります。そんな韓国へお得に出かける方法をご紹介します。

■現地での費用はあまりかからない
韓国と日本の物価を比べると、安いものは割とたくさんあります。
例えば地下鉄やタクシーなどの運賃や庶民の食事。食事については数百円でまかなえてしまうほどなので、本当に物価が安いことがわかります。
ちなみに地元の料理は外食でも安く、おかわり自由。服やメガネといった身につけるものは比較的安く手に入るのです。

そうなると、韓国で現地の人たちのように食事をとり過ごすとなればそこまで高額な費用はかかりません。なので、韓国までの航空券代が抑えられるほど海外旅行にかかる費用は下げることができるのです。

■費用を抑えるには海外航空券の価格に注目
日本国内で遠くまで旅行するよりも韓国へ出かけた方がお得、という地域もあるほど韓国は費用を抑えて出かけられるうれしい海外旅行先です。

そんな韓国へ出かけるには格安海外航空券を利用していくとさらにお得。
場合によっては渡航費用が旅行費の大半を占める場合もあるので、航空券をできるだけ安く手に入れて出かければ全体的な費用を減らすことにつながります。

■航空券代を抑えて観光に回してもOK
海外旅行にかかる費用の多くが航空券代であれば、賢く格安航空券を購入して出かければ現地で楽しむショッピングや観光の予算をアップさせることも可能です。韓国コスメの本場で好きなだけ気になる化粧品を買いまわるのも充実した時間になります。

そのように、行先での楽しい時間やイベントが主な目的であるのなら、なおさら航空券代は抑えて入手したいもの。そのためには、インターネットを使った情報収集をしてどこで購入すると航空券が最も安くなるのかを比較検討することがお得な海外旅行の方法になります。

■インターネットを使い格安航空券を手に入れる
海外航空券を販売している場所は航空会社や旅行会社などさまざま。ですがインターネットから自分で航空券を購入するとお得な価格で入手しやすくなります。
インターネット経由で航空会社から買ってもツアー会社などえ買ってもそれぞれにお得な割引サービスが用意されているのです。

韓国へ出かけたい時期や時間帯などあらゆる条件を上手に利用して、代金を抑えた安い航空券をサイトで見つけて購入してみましょう。

韓国への格安航空券はネットで手に入れる

Posted on

日本から行きやすく、一度出かければまた行きたくなる韓国。
お得に海外旅行へ出かけるには海外航空券の代金をできるだけ安く抑えることがコツです。そこで、インターネットを使った上手な航空券の見つけ方を説明します。

■希望する条件をまとめる
まず行先は韓国と決まったらその他の条件も考えましょう。
例えば発着する空港はどこからか、日にちはいつか、何泊するのか、何人で出かけるのかなどです。他にも、利用したい航空会社にこだわりがあるのなら条件に入れておく必要があります。
希望条件が細かいほど、望む内容に近い航空券が見つかりますがあまりに絞りすぎてそれほど安くない場合もあるので譲れない条件からまとめて検索する方が情報を見つけやすくなります。

■料金比較サイトを利用する
希望条件が決まったら、航空券の比較サイトを利用しましょう。

価格比較サイトでは、同じ路線や行先でさまざまな航空会社から出ている航空券の料金を一度に比べることができてとても便利です。航空会社ごとのホームページなどを見比べていくにはとても時間がかかってしまいますが、価格比較サイトを使えば一度に必要な情報を見ることができるので忙しい人にも欲しい情報がすぐに入手できるメリットがあります。
さらに余裕があれば、その他の価格比較サイトも利用して比べるとより安い最安値を見つけられるかもしれません。中には韓国旅行に特化した航空券価格比較サイトもあり、より専門的に韓国旅行についての旅費を調べることが可能です。

期間限定キャンペーンで料金が安くなっているなどのうれしい情報も載せられている場合があるので、韓国旅行を考える時は見ておいた方が得ではないでしょうか。

■航空会社からインターネットで購入する
航空会社から直接航空券を買う方法を選ぶ時は、できるだけ早いうちから購入することがおすすめです。
多くの航空会社では早めにチケットを取るとその分で大幅な割引が適用されることが多いためです。

それに会社側も旅行会社の店舗で人を介してやりとりをする必要がない分人件費削減につながるので、多少航空券を安くしても利益があがるメリットがあります。
もし出かける時期に近づいてから、航空会社より直接航空券を購入しようとする場合はひとまず航空券比較サイトで料金を見て価格の相場を知ってからにしましょう。

定価の航空券はかなり高いので、出発まで時間がなかったとしてもまずは格安航空券を手配できないか調べてみることをおすすめします。

韓国へ安くいくならいつがいい?

Posted on

韓国は日本からとても近いので気軽に出かけやすい海外旅行先です。
費用も諸外国へ出かけることと比べれば非常に安く済ませることができるので、手軽に行ける国ともいえます。でもどうせ行くならよりお得な時期に出かけたいもの。では韓国へ行くならいつ頃がよいのでしょうか。

■年末年始、お盆などは避ける
年末年始や日本のお盆、ゴールデンウィークにあたる時期は、多くの人が連休を利用して韓国などの海外へ旅行に出かけようとします。
そのため、人気の航空会社やツアーの多くは満員になっていて空席がない場合もよくあるでしょう。そうなると放っておいても席が利用者で埋まっていく時期に、わざわざ安く航空券を売り出すことは企業側もしないのが普通です。

それに航空券料金が割増しになることも考えられるので、どうしても年末年始などに韓国へ行かなければならない場合を除けば避けた方がお得に出かけられます。

■狙い目は何月?
韓国へ費用を抑えて海外旅行に行くのなら、狙い目は5~6月、12~1月です。もちろんその間にある連休は除いておきましょう。
それからこの時期は韓国に限らずさまざまな旅行先にも同じことが言えるでしょう。連休に海外旅行へ出かける人が集中するのでその前後は閑散とするのです。

そしてお得な時期の中でも韓国へ出かけるなら5月がおすすめで、気候が日本とほぼ同じなので四季があり5月は春にあたります。1年の中でも比較的過ごしやすい季節なので、観光を満喫するにはぴったりの時期なのです。
また、年末年始の連休明けも狙い目ですが韓国の冬にあたり、気温が0℃を下回ることも珍しくないので、出かけやすくお得な時期に韓国へ行くことをメインの条件で選ぶのなら5月がおすすめです。

■出発日が近づいたツアーもお得
ツアー会社はできるだけ席をたくさん埋めた状態でツアーに出発したいために、出発日が近づくとツアー料金が下げられる可能性があります。しかし日にちが迫った韓国行きのツアーに必ずしも空きがあるとは限らないので、出かける日にちが決まっている時は早めに予約しておきましょう。

特に人気の韓国ツアーほど直前には空席が残っていないので注意が必要です。もし、どんな航空会社でも日時もいつでも構わないという時はのんびりと出発日が近いツアーを眺めてみてはいかがでしょうか。予想外のとてもお得な料金で韓国の旅を楽しむことができるかもしれません。

まずは試しに旅行会社やツアー会社の申し込みサイトをのぞいてみましょう。

韓国なら燃料サーチャージの心配が少ない

Posted on

燃油サーチャージとは、海外航空券の料金に上乗せして請求される燃料代のことをいいます。
日本国内での旅行の場合は特に気にする必要はありませんが、日本から近い韓国へ出かける時にも気にかけておく必要はあるのでしょうか。

■原油相場に左右される燃油サーチャージ
航空機を動かす燃料は原油からつくられるので、原油がなくては始まりません。そのため航空会社は常に、不可欠な原油相場の影響を受けていると言えます。たとえ原油価格が高騰したからといって急に海外航空券代をあげることは難しいため、上乗せ料金として燃油サーチャージを取っているのです。
するとたくさんの燃料を使う必要がある長距離のフライトでは燃油サーチャージが高くなることは明らかでしょう。

■燃油サーチャージが少なくすむ韓国
韓国と日本の距離が他の国へ飛ぶことと比べると比較的近いことから、燃油サーチャージは低い金額で済むことは予想がつくのではないでしょうか。
ということは、航空券代にプラスされる余分な費用が少ないのでその分観光や食事、ショッピングなどに使うことができます。
航空券代を抑えることと合わせて燃油サーチャージ額の低いところに海外旅行へ出かけることも、お得に旅を楽しむひとつの方法です。

■燃油サーチャージは発券日で決まる
例えばタクシーは乗ったその時に距離によって支払う運賃は決まります。しかし海外航空券に加えられる燃油サーチャージは、航空券を発券した日の相場が適用されるのです。
そのため燃油サーチャージが低くなっている間に発券しておくことが狙い目と言えます。

まず間違いなく韓国へ行くと決まっていて、今燃油サーチャージが非常に得なのであれば先に発券した方がお得でしょう。気を付けたい点としては、万が一出かけられなくなった時発生するキャンセル料が値上がりした分の燃料の代金より高くなる可能性があることです。この心配を頭に入れた上で早めの発券は自己判断で決めましょう。

■燃油サーチャージゼロの場合も
原油価格の相場に燃油サーチャージが影響されることから、逆に原油安になった時はゼロになる可能性も出てきます。
距離が近い韓国までの場合特にゼロになる可能性は高くなるでしょう。航空券代に加えて必要になる燃油サーチャージが不要となれば、一層韓国へ出かけたい気持ちが高まるのではないでしょうか。

1年に6回ほど変わる燃油サーチャージの価格なので、値上げされる前を上手に利用して出かけてみましょう。

韓国を訪れる時に必要な空港税とは?

Posted on

航空機を利用するためには、航空券代だけではなくその他に必要な費用があります。空港税など、海外へ行くためにはさまざまな負担があるのです。
そのうち、韓国へ出かける時の空港税について説明します。

■空港税とはどんなもの?
海外旅行をする時、世界各国の空港を利用することになります。その国で滞在する時だけでなく経由する時に立ち寄る場合もかかるのが「空港税」です。ただしその名称は空港税とは限らず、空港施設使用料・税関審査料・入国審査料・通行税・出国税・入国税など違いがあります。
それぞれ名前の違いだけでなくサービスの内容の性質などが違っているのです。ちなみに日本では旅客サービス施設使用料と呼ばれています。

■空港税はどのように支払う?
美術館や遊園地などの場合入場する時に入場料を支払うものですが、最近では航空券の代金に空港税も含まれていることが多く、知らないうちに支払いが済んでいる場合も少なくありません。しかしすべての空港で航空券代に入っているわけではないので、空港税を別で支払う必要があるかどうかの確認はしておきましょう。
払ってあるものと思い込んでいて実はあとで別途必要だったという事態になると、旅行先での予算が少なくなってしまうおそれがあるので要注意です。

■子供にも空港税は必要?
家族で海外旅行へ出かける時には子供も一緒に航空機に搭乗することもあるでしょう。その場合、子供にも空港税がかかります。
しかし韓国の場合幼児は空港税が無料になるのでまだ子供が小さいうちの韓国旅行はお得といえるのではないでしょうか。
ちなみに小学生の子供では空港税が大人と同額になるので気をつけましょう。

■実は同じ国でも空港税に違いがある
韓国の同じ空港を利用する場合でも、利用する旅行会社によって金額が大きく違ってくる場合があります。空港TAXは、現地での金額を現地の通貨建てで計算し日本円で請求するところを、代理店のレートで日本円に換算された結果金額が高くなってしまい、旅行会社ごとに空港税の違いが出てくるのです。

レートがよくない会社ほど空港税を高く設定しています。あらかじめ韓国の空港税はいくらかを知っておき、旅行会社から提示された金額と照らし合わせてみてあまりに高い時は尋ねてみましょう。良心的な旅行会社が多い中、日本と韓国での通貨の違いをいいことに水増し請求してくる業者もいるので、最低限の知識を付けておいた方が安全です。